Sunday, November 22, 2015

さいたま(11/22 日曜日)

幼年/少年部

 幼年部はジム先生から何度か指導を受けながら、右左、手の位置、足の向き、体の向きなど
 後々技にも必要となってくるポイントを中心に審査稽古を行いました。
 左右がはっきりと認識できていないような気もしますが、繰り返し稽古していきましょう。

 少年部は、昇級技の稽古を一通りおさらい。
 一部回転と体重移動の動きを混同している部分があったので、整理しながら稽古を行いました。
 昇段に近づいていますので、回転や移動の向きや角度、受けとの位置関係を意識しながら
  稽古を進めていきます。







一般
 4級の審査科目を中心に稽古を行いました。
 指定技の仕手を苦しみながら一通りこなしたものの、指定技になると思い出せないところもチラホラとでて反復稽古の不足が表れました。
 これまでも何度か記載していますが、理屈では理解したつもりでも実際に身につく技は無いと考えます。
 合気道は繰り返し仕手、受けの動きを反復稽古し、時間を掛けて身に着けていく特性があります。
 熱心に稽古に参加して頂く皆さんにこそ、良い意味で貪欲に反復稽古を行っていただきたいと思います。
 


 
 「どうして出来ないのだろう?」という声を聞く事があります。
 「出来るようになりますよ。」とお答えしていますが、そのためには繰り返し稽古をする必要があります。
  やらなければ出来るようにはなりません。
 「出来る」と思って稽古しましょう。結果はついてきます。
 「出来ない」と思っている方にも、もれなく期待通りの結果がついてきています。
 どちらを選択するかはアナタ次第です。




No comments:

Post a Comment