Saturday, February 18, 2017

ジュニア大会、明龍館快進撃。・・・2/11、12吹上同好会

もう一週間経ってしまいましたが、2月11日に浦安市の総合公園体育館のメインアリーナでジュニア大会が開催されました。
史上最高の参加人数、340人ほどだったらしいですよ。
明龍館からの参加も今までで最多。先日の寒稽古でもやった成果を存分に出してくれたのではないでしょうか。一人一人の対戦は大会スタッフをやっていましたので見られませんでしたが、みんな他の団体の子達に勝るとも劣らない活躍をしてくれたと思います。
中でも低学年昇龍の部の決勝に進出したさいたま、野田の四人と、我らが吹上同好会のそうやは努力が成果につながってよかったと思います。

ただし、残念ながら決勝戦に上がれなかった子たちが劣っていたかと言えば全くそんなことはありません。優勝目指して一生懸命頑張ったことこそ尊いのだと思います。ジュニア大会は合気道のほんの一部分です。今回成果が出なかった子はいくらでもある別のチャンスをものにしてほしいと思います。
とりあえず次のチャンスは春の審査。バッチリきめていきましょう。

あくる日の稽古は、前日の興奮を引きずることもなく淡々と始まりました。一人を除いて・・・。
この日から審査稽古を開始しましたが、前日の悔しさを噛み締めている男、朔馬が志願の居残り稽古。敗北から立ち上がる漢をみました。こうやって成長していくんだなあ・・・と目頭を熱くしておりましたが、さすがに審査前。参加者も多く感慨に浸るのもそこそこにウォーミングアップの正面打ちさばきから、横面打ち正面入り身投げ2などを行い審査稽古。吹上のメンバーは割合に奥ゆかしい人が多く、審査申込もギリギリになりがちですがもう少し図々しいくらいでいいと思います。普段からそれなりの稽古をつけてもらっていますのでこの一ヶ月やればいけると思いますよ。ただし焦りは禁物。焦ってもいいことなし。あと、その日やった稽古をメモでいいのでつけておくといいですよ。技の要点やその日注意を受けたところなど。。
審査までは木曜日にクラスを開けますので是非審査稽古に使ってください。

かく言う私は最近、慌ただしいことが多く物忘れも頻繁。渡さなければいけないものを持ち忘れたり、やっておこうと思ったことを「あれ?なんだっけ??」となることもしばしば・・・
花粉症も出てきて頭がさらにぼんやりするのでメモをうまく活用しようと思います。私に対する依頼ごと、何かの返信もできればメモにしていただけるとありがたいです。
もちろんメールでもOK。一般の方々はいきなり用件で結構です。未成年は社会勉強だからその時々に応じた挨拶から入ってくださいね。

それでは審査に向けて頑張りましょう!

さいとう

No comments:

Post a Comment