Monday, March 13, 2017

吹上審査終了、残るは浦安・・・3/11&12 吹上同好会

まず最初に、東日本大震災から6年たちました。
いまだに行方がわからない方がいて、原発の影響で住んでいたところに戻れない方がいて、なおかつその避難先で不便な生活だけならまだしも、いわれのない誹謗中傷を受けている方々がいることに心が痛みます。
一刻も早く皆さんに普段の生活が戻ることを祈願し、われわれは普段どおり合気道ができることに感謝したいと思います。

さて、この週は吹上は審査ウィーク。土曜日は少年部、日曜日は一般部ときっちり分かれました。今回は冬の審査からあまり時間もなかったし、受験者が少なかったですね。それに皆さん、次は茶帯という人が多いので慎重になったのでしょうか?
でも、受験したそれぞれの人は前回の注意点を克服してきた人が多かったと思います。一つ一つ階段を上っていってください。
審査のビデオはいまアップロード準備中ですので少々お待ちください。
審査は準備と振り返りが大切です。しっかり準備をして審査を受けたらビデオでしっかり振り返ってください。

そして浦安審査組は二人。二人とも浦安での審査は初めてです。緊張して当たり前です。とにかく自分がやってきたことを出すしかないので、開きなおってやりましょう。

最後にこのところパターン化してきたワンポイント:POSITIVE THINKING
できる気になればできる、できないと思えばできない。
「そんなの無理ー」「ええ?できないですよー」って言葉を稽古中によく聞きます。たぶん、合気道はそんな簡単にはできないことばかりですので、言ってみればそのとおりなんですが、できそうもない事に挑戦するのと、できそうな事に挑戦するのでは楽しみという面では後者のほうが数倍高いと思います。できそうもないと思っていることをやってできないのと、できそうなことをやってできないのでは、おそらく後者のほうが「よーし!」という意欲がわいてくると思います。
たとえば後ろ技、座り技などやりにくい技、手順の多い技はややこしいですがやる前からあきらめずやればできる、難しいから面白いとPOSITIVE THINKINGでいきましょう!進歩が早い人は大体POSITIVEです。誰ですか?そんなに単純にPOSITIVEになんかなれないよ、と思ってる人は!?
私のヒーローのあの人も言っていました。「やる前から負けることを考えてるやつがどこにいるーッ!バカヤロー!!」

吹上同好会 さいとう

No comments:

Post a Comment