2021年7月22日木曜日

Summer shinsa

Summer tests are underway... 

Hot and humid mid 30 degree weather, thick dogi, plus trying to breath wet air through a mask makes for a perfect opportunity to forge that spirit!

The 4 to the left have only been training since April but did a fantastic job. Awesome ukemi!


The Meiryukan Kasukabe, Omiya, Kazo, Fukiage, Kumagaya and Noda tests are all finished. Sakado, Saitama and Nagareyama are left. 

Test results will be up on the Meiryukan HP late next week. Get the password from your instructor.

Wednesday morning Aikido

The hot and humid Japan summer is here! A bunch of visitors at yesterday`s Aikido Meiryukan Omiya class.

With an upcoming orange belt test, we even had 2 kids, now on school summer holiday, join the class.

Also special guests, Murakami sensei and Mikiko sensei, along with the usual crew.

After a thorough warm up of going through 4 of the 6 basic movements, we then went into suwari waza shomen uchi ikkajo osae ichi. 

A fairly simple to remember basic technique, nothing fancy to worry about when it comes to the hands, which works out perfect for focusing on the proper foot/knee work.

Next was ryote mochi shihonage ichi. There were 2 main points - the initial connection and way to use the hips (think kokyuho ichi) during the first diagonal step. Next was the turning back towards our partner part. Very difficult to keep our posture and start the flow again during broken down basic techniques.

 

2021年7月15日木曜日

Omiya 7/14

Yesterday in Omiya we went through hiriki no yosei ichi, ni as well as tai no henko ichi, ni with a partner. Keeping the connection and proper flow of the movements.

The techniques were katate mochi nikajo osae ichi, ni and shomen uchi sankajo osae ichi, ni.

We tried to focus on the basic points which are related in the basic movements. Turning on our toes, heels down, suriashi etc.

 

2021年7月11日日曜日

7/4 熊谷 がっちゅう便り

 一週間遅れですが・・・

この日の稽古には吹上同好会より5名の参加があり、7/17の夏の審査に向けて稽古に熱が入ってきました。

★少年部 



 基本動作の後、連続の前方回転受け身を行いました。これは2015年~2016年頃ジム先生が受け身と反転動作等の強化の為に行っていたものです。以下やり方です。(前方回転受け身を「右」、左前方回転受け身を「左」とします)

「右」→反転→「左」→反転→「右」→「左」→反転→「右」→反転→「左」→「右」→反転→「左」→反転→「右」と9回行います。

熊谷の少年部でも正しい受け身が身につくように、数か月続けてみようと思います。

受け身の後は審査稽古と体力作りの歩伏前進💪を行いました。 

★一般部



・体の変更(一)(二)・・・(全員)受けの手を巻き込むように仕手が手を返す時、同時に前足の膝を伸ばし腰を下に向ける。この時重心が後ろに行かないように注意する。

・二カ条の(二)の締め・・・(茶帯・黒帯)受けが仕手に吸い込まれるような体勢になるよう、これも前足の膝を伸ばし腰を下に向けながら二カ条に極めた手を振り下ろす。受けを向こう側に押すような動作にしない。

・審査稽古・・・茶帯黒帯の方が17日に審査を受ける白帯の方と組んで審査稽古を行いました。

吹上から来て下さった皆様、熊谷の方へのご教示ありがとうございます!

 ★座礼

6/26の明龍館合同審査後、安藤先生の講習会が終わった後の礼で、安藤先生がいつでもどこでも鍛錬出来る、と仰って座礼のお手本を見せて下さいました。2か月程前から稽古時に背中を丸めない座礼を行ってきましたが、簡単ではなく、礼なのに頭を低くするのが難しいと思っていましたので、安藤先生の、背中はまっすぐなのにお尻も浮かず腿と体がほぼ平行な座礼は衝撃的でした。その後2週間家であれこれやってみました。体が柔らかい人なら背中を丸めず腿と体を平行にするのはそれほど難しくありませんが、私が一番難しいと思ったのはお尻を浮かさないまま、という所です。仙骨のあたりに力を入れたまま上半身を倒す、肩の力を抜く、横隔膜の下に力を溜める、などなど気を付けて行うのは正に鍛錬!この姿勢を正しく10秒ほど保てるようになるのを目標としています。

座礼のイメージです。↓これを













↑正しく、こうしたいです😊




2021年7月9日金曜日

2021 Meiryukan joint tests/seminar

This post is a couple of weeks late, but better late than never.

On Saturday, June 26th we held our annual Yoshinkan Aikido Meiryukan joint tests and special Ando shihan seminar at the Kasukabe city budokan.

The dojo was open from 12pm for warming up. Rehearsal at 12:45, then we got started at 1:15.

A total of 4 kids tested in front of Ando sensei. 1 for shodan, and the other 3 for nidan. The kids were as genki as ever and did an awesome job!

As anyone would be testing in front of Ando sensei, a little nervous and stiff, however, their basis were spot on and jiyuwaza crisp and dynamic.

Congratulations to all 4!

Next up shokyu. All 3 of them from the Meiryukan Saitama club, and all 3 of them tested for 2nd kyu. 

A few mistakes during the random basic technique section. Lack of concentration or maybe lack of training??

It should go without saying but, remembering the techniques is just the starting point...

There were 2 people who tested for adult shodan. Both have improved, but still a long way to go. 

The form was there, but not the intent. For a blackbelt test, there should be meaning behind the movements, and more importantly, an understanding of the techniques.

To the left is a picture of 76 year old shodan gokakusha Tanabe-san.

Tanabe-san joined the Meiryukan Noda club in 2014. At least 2 classes a week, sometimes more. From the hot and humid summer days to the frosty winter mornings. No excuses, no special senior service, no complaints.

Congratulations! Well deserved!

Finished the tests off with 2 for 2dan, and 1 for 3dan. All 3 of them have really picked up the pace and been working hard the last few months.

Unfortunately 3 months is not enough time to smooth off those rough edges. Especially when the focus is on the wrong places. Lets not forget the "Aiki" in Aikido.

More uke and more jiyuwaza...


After some thorough feedback from Ando sensei on the tests, we went right into our special seminar. The focus was on proper flow of techniques. We have to first understand how to move as uke in order to be shite. The techniques were - tai no henko ichi, katate mochi sokumen iriminage ichi, katate mochi nikajo osae ichi.

Thanks to Ando sensei for making the time to come out to Saitama. Thanks to the Meiryukan instructors for the full day of teamwork. Thanks to the all the students and their families for their effort and support.

2021年7月7日水曜日

Last few days here and there

Sunday morning kokyuho in Kazo. 

Simple concept of not using force against force is easier said than done, however, kokyuho ichi/ni are prime examples of those basics. 

We worked on trying to get a good fit, and keep it, as we raise our hands with either our partner`s push or pull.


With only 3 weeks until the Sakado summer tests, we went right into shinsa geiko following our usual 10 minutes of the 6 basic movements.
In Omiya the focus was on hiriki no yosei ni. Especially the lower body. Turning on our toes, shifting our weight and staying low and balanced. Then we tried to extend those points into some basic techniques.

shomen uchi shomen iriminage ni, shomen uchi ikkajo osae ni

Tuesday, July 6th was the first day back after more than 6 months at the Noda city junior high location. Chiba`s Noda city has been quite strict when it comes to Covid rules and restrictions. Hopefully things remain open...

With some fresh faces coming up from the kids class, we decided to try some adult ushiro waza techniques that they haven`t seen or done in the kids classes.

2021年7月5日月曜日

Nagareyama in Kikkoman 7/3

Today`s Meiryukan Nagareyama class was held at the Kikkoman Arena. Probably due to some facility closures, and other groups battling for mat time, we have had some trouble booking at our regular location and regular times. Make sure to check the schedule before showing up.

This month we have tests, so the kids just did shinsa keiko. Note: one of the boys who broke his elbow (not doing aikido...) still showed up to practice what he could. Nice spirit!

Adults warmed up with some hiriki no yosei, then into one of the harder to understand techniques from the 4th kyu syllabus - suwari waza ryote mochi kokyuho ichi. We worked on keeping our hips and shoulders down while raising our hands properly with our partner`s pull. With each partner being physically different, it is hard to stick to a set form when it comes to kata geiko. Finished the class with about 30 mins. of test training.

 

2021年7月4日日曜日

まだまだ続く審査稽古・・・7/3吹上

 早いものでもう7月です。1年の半分が過ぎてしまいましたね。

今はまだ暑さもさほど気になりませんが、これからの暑さを考えると気が滅入ってしまいそうです。いつもの年でしたらBBQでもやって暑気払いしているところですが、このコロナ禍では思うに任せません。早くワクチン接種が行き渡ればいいのですが。。。


さて吹上同好会は先日の合同審査後、初の稽古でした。

少年部については写真はありませんが、先日の審査で弐段に合格した紫帯二人が茶帯、オレンジ帯と組んで行いました。
弐段の二人はもう弐段、自分のことばかりではなく下の級の人へのアドバイスや、自分からすすんで受けを取ってあげてください。必ず自分のためになることがあります。
茶帯・オレンジ帯の二人は。。。この日の稽古は残念でした。気をつけ、構え、号令がないなどの点で何度も注意を受けました。決して難しいことではないはずです。自分が何の注意を受けていて、何を改めなければいけないのか、わかって欲しいと思います。もしこれができなければとても審査を受けさせることはできません。集中しましょう。

一般部は有段の審査が一応の区切りがつき、昇段以下の審査稽古が主な内容でした。
ちょうど人数のバランスが良かったので、黒帯と白帯・茶帯で1:1で審査稽古しました。もしかすると黒帯は「自分の稽古がしたいな〜」と思ったかもしれません。
しかし考えてみましょう。大相撲の横綱は下の人に胸を貸すのが稽古のようなものです。
いや、皆さんが横綱だと言っているのではないですが、自分より下の級の人に指導をするのは自分への気づきがあり、それが稽古になるということです。ご自身の経験、know-howを伝えてください。ただ、トークばかりだと体力的な稽古になりませんので、山本五十六の言葉じゃないですが「やってみせ 言って聞かせて させてみて」の3つは必ず同時進行で!
 


その後、最後の時間は黒帯同士で存分に審査稽古をしていただきました。写真は本日の残業風景。多人数取りを行いましたが、各々疑問点ややりにくいところについて話し合いながらいろいろ試していました。先生や指導者から「こうしろ、ああしろ」ではつまりません。ぜひ仲間同士で助け合いながら、自分の正解を探しましょう。もちろんすぐにはわかりませんし、先生からダメ出しも出るでしょう。でも継続すること、自分で考えることは大切です。やってみましょう!

最後ですが、指導者の力不足のため今回の審査全員合格とはいきませんでした。すみません。

ですので気休めみたいなことは言いたくありませんが、一つだけ諦めないで欲しいことだけはお伝えしたいです。「あんなに頑張ったのに」とか、「他の人に比べて自分の方が」という感情が出ていると思います。なんで、どうして・・・モヤモヤして夜も眠れないと思います。私もそうでした(恥ずかしながら不合格経験あり)。今回100点満点中、合格点が70点なのに50点しか取れなかった。。。それはラッキーじゃないですか?次回同じ努力で50点上積みできれば100点満点!良くはないけど半分の努力で合格点突破です。

今は荒れても、沈み込んでも、ヤサグレてもいいですが、今回の努力を元にリベンジしましょう!リベンジ成功するとかなり気分が爽快ですよ。


失敗した過去は過去の思い出として、リベンジ!!やりましょう。


齋藤

2021年6月30日水曜日

Basics in Omiya 6/30


Today in Omiya we worked on the proper timing and positioning of the hands in hiriki no yosei ichi. A seemingly simple movement, however done correctly takes time and effort.

Next, katate mochi nikajo osae ni (standing and sitting). The focus was on the movements between the form. It`s easy to lose connection and flow when practicing basic techniques in their broken down form.  

Finished the class with jiyuwaza. Relaxing and trying to fit with our partner.

2021年6月22日火曜日

審査稽古は続く・・・6/19吹上



合同審査はいよいよ1週間後。蒸し暑さも本格化、朝から雨で畳もじっとりしております。


定例の審査もとりあえず7/17に決定。
もう数回の稽古しか残されていません。ネジを巻き直して頑張ってください。





 この日は熊谷同好会と合同稽古でしたので、出稽古組と相まって大人数での稽古になりました。


ジム先生もおっしゃっていましたが、せっかくいろいろなところから来てくれたので掛かり稽古とか1対1の審査稽古ではなく、掛かり稽古とかできたらよかったのですが。



白帯から有段まで大人数の前で自分の受験科目を披露しました。☝️はごく一部。意外に緊張するものだと思います。技に関してはこの日にできなくても審査までに形ができそうでしたらいいのですが、前回も書きましたがギリギリの滑り込みセーフはちょっといただけませんので、特に部は受ける受けないの決断は慎重に!事前にジム先生に見てもらい、意見をもらいましょう。

では、今週の合同審査、受験者は土曜までゆっくり体を休めて万全のコンディションで臨んでください。

齋藤