2020年12月4日金曜日

Kazo 11/29

 ☆少年部


本日のポイント

💡前方回転受身…起き上がる時の反転動作をすばやく、かつ背筋を伸ばして正しく構えの姿勢をとれるようにする!

DSC_3689.JPG

DSC_3690.JPG


💡後方回転受身…手をつく位置、手の向きを正しくできるようする!

DSC_3691.JPG


💡基本動作…基本動作の下半身の第6のポイント(注意点)を学びました。

「前傾姿勢の時、肩は膝の前までになるよう姿勢をとる」

※先週までは注意点が5個でした。5個の注意点を忘れてしまった場合は前回のページを見てね。

DSC_3695.JPG

DSC_3699.JPG


その姿勢を使うと、抑えもしっかり効くようになります。

DSC_3700.JPG


残りの時間は、審査稽古をしました!



☆一般部


本日のポイントと技

💡「斜行」の腰の切り方、重心の移動の仕方を稽古しました。


💡正面打ち一か条抑え(一)の切り下ろしのポイント

DSC_3702.JPG

DSC_3703.JPG


💡斜行動作を使って受けを誘導する動き

DSC_3704.JPG

DSC_3705.JPG


◎肩持ち一ヶ条抑え(一)


残りの時間は、審査稽古をしました。


2020年12月3日木曜日

11/29 坂戸・熊谷同好会合同稽古

1129日、吹上コスモスアリーナにて初めての坂戸・熊谷2同好会の合同稽古がありました。少年部、一般部とも14名が参加、審査3週間前とあって皆真剣そのものでした。

 

★少年部

ジム先生より姿勢・足幅・足の向きなどの注意点のお話の後、正座法を行いました。

 少年部正座法

コスモスアリーナが初めての坂戸のY兄弟も背中をぴんと伸ばして頑張ってます。 

審査稽古の後、最後にこの日の稽古の成果のお披露目があり、自由技で締め括りました。

少年部自由技


★一般部

後方受け身の後、ジム先生より足について五つの注意点がありました。

足の角度膝を深く曲げる事足幅後ろ足を伸ばす腰の向き

それらを踏まえて斜行を行いました。写真は出来るだけ前足をまっすぐ伸ばしてから膝を曲げて前に進む稽古です。 




審査稽古の後のお披露目では帯毎に、単独の基本動作、仕手受けでの基本技5本、自由技を行いました。

1220日は坂戸・熊谷同好会合同冬の審査です。

この日の稽古のような熱気の中で稽古納めが出来る事でしょう!

 

幹子

11/28(土)春日部同好会

とうとう12月、今年もあと一ヶ月をきってしまいましたね~

だんだん寒くなり、コロナの影響で窓を開けなくてはいけないので今年はいつもより寒さが厳しい稽古になりそうです。

春日部同好会幼年部に新しいメンバー(T.Nくん)が増えました♪ T.Nくんは以前春日部メンバーでした一ノ割駅前のコーヒーショップ10$COFFEEのオーナーさんからのご紹介いただきました。ご紹介ありがとうございます!!明龍館同好会の中で春日部が一番幼年部が多く小さい子達で元気一杯。本当にこれからの成長が楽しみな子達ばかりです☆

T.Nくん、これからよろしくお願いします!!

11/28(土)春日部同好会の稽古は幼少年部・一般部共に審査稽古となりました。


ちなみに、12月になると我が家にはクリスマス・エルフが出現します。日本ではあまり馴染みはありませんがクリスマス・エルフは北極にサンタクロースと暮らしていて、おもちゃを作ったりトナカイの世話をしています。そしてクリスマスに近づくと家にやってきて子供達がいい子にしているか、毎日違う場所で子供達を監視、そして毎晩北極に帰りサンタに報告するスパイ活動をしています。はたして今年サンタクロースは我が家に来るか?!

みゆき

2020年12月2日水曜日

勉強しなおします。

コロナ禍と言われもうそろそろ1年が経とうとしています。当初の非常事態宣言ほどの緊張感を感じられませんが、今月は感染者数はうなぎ上り状態。いったい終息はあり得るのでしょうか?

吹上同好会は12月の審査に向けて審査稽古も熱がこもってきました。

 といっても、黒帯会員さんの増加に伴い受験者数は減少傾向。また、今年はコロナの影響で少年部の休会が多く例年とは様子が変わっておりますが、受験者は変わらず真面目に頑張っています。努力は裏切らないと熊谷東中の武道場の壁に貼ってありましたが、その通りだと思います。目の前の審査、1年後、5年後に生きる稽古をしたいものです。


ところで、この週末の稽古で感じたことですが、受け方をよく覚えていない方、全く技を知らない方に対してきちんとかからない技があるのです。

いや、ショックです。

武術であるなら誰に対してもきちんとかからなければ、と思っておりますのでこれはどうしたものかと悩んでいます。要するに修行が足らないだけなのでしょうが。。。

安藤先生が以前配ってくださったタオルに初心者、初級者から学ぶことがあるとプリントされていましたが、その通りです。

いろいろな方といろいろな技を試してみることで、都度新しい発見があるものです。一期一会というのでしょうか?


武器技コース第二期は2回目。合わせを行いました。31の杖も一つ一つの打ち方、突き方の意味を考えながら稽古しました。コース終了時に動画をとってバーチャルで演武を発表できたら良いと思っています。


では、引き続き頑張って参りましょう!

齋藤




2020年11月24日火曜日

11/22(日)さいたま同好会・坂戸同好会

次の日は11/23(月)は勤労感謝の日で祝日ということで、ダーズファミリーでさいたま同好会&坂戸同好会にお邪魔しました~。久しぶりのさいたま同好会&初!!坂戸同好会の出稽古です♪

さいたま同好会少年部は審査稽古。一般部は正面打ち肘締め(一)(二)を行ってから審査稽古、その後休憩をはさんで両手持ち自由技の稽古。最後に誕生日月で選ばれた3組が皆の前で披露しました。

その後、一家でさいたま同好会⇒坂戸同好会へ移動。私の体力はすでにこの時点で尽きており、少年部の後方回転受け身でフラフラに😵もっと体力アップしないとダメですね...

坂戸同好会では少年部は審査稽古、一般部は両手持ち二ヶ条抑え(二)・正面打ち三ヶ条抑え(二)を全員で行った後、分かれて審査稽古となりました。

さいたま同好会&坂戸同好会のみなさん、ありがとうございました😄

またお邪魔させていただきます!!



みゆき


春日部同好会11/20(金)

 春日部市内の小学校が11/21(土)は登校日のため、金曜日に振替で子供達が参加しました。

また、この日はMちゃん、Rくんの2名(姉・弟)も体験で参加してくれました♪

まずは全員でいつもの構え・正座法・膝行法・前方回転受け身の練習。

体験者は初めての受け身のはずなのに、しっかり後ろ足が伸びてとても上手でした😊

後半はもちろん分かれて審査稽古です。12/12に向けてかんばろう!!




2020年11月23日月曜日

Mid November

A few pics from here and there throughout last week.

Some kids class visitors to Meiryukan Sakado brought some fresh energy to the Sunday training. We went through quite a few basic techniques with some different partners, then finished it up with a few rounds of jiyu-waza.

 Adults working on techniques after a hard 15 or 20 minutes of working on correct posture in sliding forward and pivoting movements.
Kids jiyu-waza at Tuesday Noda with the adults running through test techniques in the background.

Suwari-waza Wednesday morning at Omiya. Already really hard mats, getting harder with the cold weather. Ganbarimashou!

2020年11月22日日曜日

秋の審査終了、冬の審査間近・・・吹上

おつかれさまです。

COVID-19の影響で春の審査、夏の審査ができず、今年は特別に秋の審査を少年部・一般部共に行いました。

合格された方はおめでとうございます!下記は免状授与。

そして息つく暇もなく通常の冬の審査が一月後に迫りました。

審査稽古が始まっていますが、なかなか審査稽古の要領がわからない、技が覚えられないという方もいらっしゃると思います。そんな方々に私なりのアドバイスですが、安藤師範が出されているシラバスのDVDや龍オンデマンドでご自身が受ける段・級の技をチェックして実際の稽古で相手をつけて行なってみてはいかがでしょうか?稽古時にぶっつけ本番でやっても、映像だけでイメージを膨らませても効率が悪いと思います。リアルとバーチャルの両輪でやってみましょう。

また、計画を立てた方がいいと思います。意外に多いパターンが、さて審査稽古を始めましょうとなったとき、律儀に審査項目の紙の一番最初から毎回やるパターン。本番までの残り稽古時間と、技の数を割り振り計画的に稽古しましょう。有段にもなると項目表の最初から最後まで順番にやってる時間はないですからね。

 

とかなんとか言いつつも、まずは技の名前を覚えていること、そして動きとしてできていることがなければ審査のスタートラインにも立てません。

残り少ない稽古時間を有効に使い、所属同好会の稽古だけでは足らない場合は出稽古も積極的に行いましょう。ただしこのご時世ですから体調管理には気をつけて、もらわない・うつさないを徹底してください。

 

吹上同好会のトピックとしては武器技コースの第二期(杖)が始まりました。

体術・剣・杖とバランスよくできるようになれたらいいですね。がんばりましょう!

 

齋藤

2020年11月20日金曜日

Kazo 11/15

 ☆少年部


座り技の座る時(号令3)と立ち上がる時の号令1の時に頭が前にでないように先生が額の前に手を置いて稽古しました。

正座法チェック.JPG



それぞれが、各基本動作の手の位置を口頭で説明しながら確認しました。

特に下半身の動きは、手を腰にあてるとどの動作でも形は一緒になります。

基本動作の下半身.JPG

そこで注意点を5つ言われました。

  1. 前足の向き、②膝を曲げる(膝が足の親指の前に出ているか)、③足の幅、④後ろ足を伸ばす(張る)、⑤腰の向き(正面を向く)

この5点を重点的にチェックして、正面打ち一か条抑え(二)を行いました。

それを使った正面打ち一か条抑え(二).JPG

最後は、全員秋の審査の免状をもらいました。


☆一般


座ったままの受身の稽古

正面打ち三ヶ条抑え(一)

座り技正面打ち小手返し(一)※座ったままの受身を応用しました。

座り技正面打ち小手返し(一)①.JPG

座り技正面打ち小手返し(一)②.JPG

立ち技座り技正面打ち小手返し(一)

※黒帯は、小手返しの構えから連行法で崩す稽古をしました。

2020年11月15日日曜日

春日部同好会11/14(土)

10月に秋の審査を行ったばかりですが、12月は冬の審査です。審査受験希望の方は時間がありませんので、できるだけ出稽古や家で練習して下さい。

春日部同好会冬の審査は12/12(土)を予定しています。

14日の稽古、少年部には5歳の男の子が体験、一般部にはさいたま同好会のNさん親子が参加してくれました。

少年部はまず全員で構え・正座法・膝行法・前方回転受け身・後方回転受け身を行いました。この中で後方回転受け身ができていない子が多いです。どちらの手を伸ばすか、 右足前・左足前など間違えないように気をつけましょう。

その後は各級に分かれて審査稽古です。前回と同じ審査内容の方もいますが、前回と同じレベルでは合格できません。前回よりレベルアップするよう足の向き、手の位置、姿勢、細かい所を注意してください。

一般部はまず全員で基本動作(体の変更一・二、臂力の養成一・二)を相対で行いました。6級までは単独動作ですが5級からは相対動作となりますので少しずつ練習していきましょう。

基本動作の後は、少年部同様分かれて審査稽古となりました。

そして稽古の終わりには、ジム先生より秋の審査合格者へ免状が手渡されました。


2020年11月6日金曜日

熊谷同好会 (11/1) がっちゅう便り


11月より熊谷東中学校の柔道場をお借りして稽古する事になりました。

くまがやひがしちゅうがっこう → ひがしちゅう → ひがっちゅう → がっちゅう👍

という事で、

広い柔道場にお引越ししたこの機会に、ブログビギナーですが、稽古内容などをがっちゅうから発信していこうと思います。


★少年部 

ジム先生が毎回取り入れている、「立った姿勢からの後方受け身」の他に、

1024日のZoomオンライン稽古のヴォルデミール先生御指導の方法も始めました。

① 座った状態から左右連続での後方受け身10

     正座法「一」の片膝をついた状態から姿勢を変えずに左右の足を入れ替える10

これ結構キツイ・・・😓

少年部はまだ筋力も弱くヨロヨロしてますが、頑張って続けましょう!



      ②をやった後、いつもの「立った姿勢からの後方受け身」を20回と言った所、Aちゃんから「30回やる!」の声が!!!

その一言で全員が30回頑張りました💪

 

★一般部

技をかける時に肩や親指に力を入れると、受けの手や肘を痛めてしまう事があります😓。

受けに対してだけでなく、力を入れると自分の動作にも影響が出てきます。

この影響を自分で体感する為に、力を入れたまま動く事をやってみました。

先ず、手を下に降ろして肩から指先までガッチガチに力を入れます。

上半身はこの状態で足だけ臂力の養成(一)の動きをやってみます。

すると、大きく前に出る事が出来ずロボットみたいな動きになってしまいます。


力が入っていると直線的で小さな動きしか出来ず、自分の動きを制限してしまう事がわかります。これをやると、どうやったら力が抜けるかに目が向くと思います。

基本動作や構えの目的は強い軸を作る事です。力を抜く事と強い軸を作る事は、一見正反対のように見えるかもしれませんが、お互いを活かす関係だと思います。


力を抜くやり方もやってみましたが、個人の感じ方もありますし長くなるので別の機会に😃



幹子



2020年11月3日火曜日

Put to the test

Kids tests are usually only held 3 times per year,  Spring, Summer and Winter. But due to not being able to test both Spring and Summer, we decided to hold  special Fall tests to boost the kids motivation.

With their last test being December of 2019, the kids really worked hard for this one. 

Almost a full year without any tests, seminars, joint training camps or demonstrations. You could easily see that they were more nervous than during previous gradings. 

With no competition in aikido, these are the kind of things that challenge and push us. Stepping outside the comfort zone of regular training in your little friendly circle. 

They put in the effort, faced the pressure and did an amazing job!

Congratulations to all who passed! 

Results are up in the Meiryukan "members only" section.



 

2020年10月30日金曜日

Kazo 10/25

 ☆少年部


まず先日の審査の結果発表から。

全員合格です✨

白帯の3人は毎回真剣なまなざしで稽古に臨んでいて、
それが審査に現れていて文句なしの合格。

オレンジ帯・茶帯組は、技が多く難しいのでひと筋縄ではいかないということもありますが、
「基本動作」をもう少し充実させましょう!というお話が先生よりありました。

何事も基礎が大事です。
合気道でも基本動作が何より大事ですね。
そして基本動作の上達には、毎回の稽古の積み重ね以外ありません。
せめて道場にいる60分はしっかり集中し、今後うまくなっていくための「土台」を作っていってほしいと思います。

ということで話長めでスタートしました笑。

構え、体の変更、臂力の養成をみっちりと。

IMG_5938.JPG
しっかり前進できているか、体重は前に乗っているか、後ろ足はしっかり張っているか、手の位置と腕の張りなど、、、気を付けることがたくさんあります。でも、先生から注意のお話があった後なので、いつもよりピリッとした基本動作でした。

後半は「正面打ち二ヶ条抑え(一)」
二か条って何???の白帯組は大変でしたが、何事も経験!

最後は、少年部長、紫帯のF君の自由技(文字通り、自由に技をかけてもらって)でかかり稽古。
仕手が技をかける前に自分からつい動いてしまう子が目立った中、
ピカ一の受けができたのが、入会してまだ2か月足らずの紅一点Kちゃん。
仕手にうまーくついて行って、技をしっかりかけられながらの受けでした。ブラボー!



☆一般部

相対基本動作、

先週の審査のおさらい、「片手持ち四方投げ()」「正面打ち一ヶ条抑え()」、大きく動くことをテーマに稽古しました。

一ヶ条では左足で直ぐに抑える形も試みました。

DSC_3528.JPG


技は「正面打ち三ヵ条抑え()」立ち技、座り技、

有段者は「肘持ち三ヵ条抑え()」、剣取り自由技を行いました。


先日の審査、
一般部では、二回目の審査のKさん、4月から一般部になった中1のJ君が受験し、2人とも合格✨
J君は少年初段からの一般部移動なので、今回で4級になりました。
…ということは次は茶帯にトライですね!

合格された皆さん、

おめでとうございました❗

2020年10月27日火曜日

Zoomオンライン稽古

世界ではまだまだコロナウィルスの影響が強く、ウクライナではまだ道場での稽古ができない状況です。

そのため、ウクライナのヴォルデミール先生から連絡を受け、ヴォルデミール先生と共同でウクライナの子供達のために10/24(土)19:00からZoomでのオンライン稽古を行いました。

前半40分はジム先生の指導、後半40分はヴォルデミール先生の指導でZoomの参加人数をみると日本の子供達を含め約70名😲思ってた以上にウクライナの子達の参加が多くてビックリしました...。

日時以外何も知らされてなかったため、用意ができず、ちょっとバタバタとしてしまいましたが、参加した方達どうでしたでしょうか?

ウクライナ語と英語が飛び交うちょっと珍しい光景、日本の子供達にとって海外交流ができるいい機会ですので、またこのような機会があったら遠慮せずどんどん参加してくださいね!

いつか実際に会って交流できるといいですね♪


春日部同好会10/22(木)・10/24(土)

 10/22(木)

春日部同好会平日クラス、まずは受け身の練習をしてから基本動作6本を行いました。

この日は一般部1名の審査。少年部から今年一般部になったKくんの審査です。

Kくんは春日部同好会設立当初からのメンバー。春日部同好会少年部をずっと引っ張ってきてくれました。設立当時は少年部4名だけでしたが、今では3倍に増えて賑やかになりましたね。

今回の秋の審査では明龍館の少年部から一般部に変更になった中学生達が多く受験しました。明龍館設立または同好会設立当初からのメンバーが多く、各同好会の少年部を引っ張ってきてくれてきた子達。こうして一般部でも続けてくれて感謝です。これからの成長も楽しみです。


10/24(土)

土曜日クラスは、少年部2名と一般部2名の審査がありました。

コロナウィルスの影響でマスク着用の審査となり、基本動作だけでも苦しいですよね...

早くマスクをしなくてもいい状況になることを願います。

皆さん、本当にお疲れ様でした。次回冬の審査は12月となります。冬の審査まで期間が短いので、審査受験希望の方は今から練習が必要ですね!!

審査結果は明龍館ホームページの「審査結果」をご確認ください。

2020年10月11日日曜日

吹上同好会 おしらせ 【11月から木曜クラス閉鎖(当面)】

 吹上同好会・近隣同好会の会員の皆さん

10月の木曜クラスは他団体の利用とバッティングのため、22日のみ利用可能です。

その他の日は利用できませんのでお間違えないようお願いします。


なおかねてより吹上同好会で行っておりました木曜日夜クラスにつきまして、当クラスの正会員の方がご都合により休会中で、現在は出稽古利用のみになっております。

会員の皆さんの「平日の夜も稽古をしたい」という声に対応し開設しましたが、コロナの影響もあり利用者も増えず毎週数名の参加にとどまり、やむなくこのような決断をせざるを得ない状況になりました。

社会情勢の変化、正会員の方の復帰に合わせまた再開を検討いたしますが、当面は木曜クラス閉鎖にご了解いただけますようお願いします。

平日夜に稽古をされたい方は鴻巣市民であれば、1時間・¥500で利用可能ですので、直接コスモスアリーナに予約の上、ご利用ください。その際は個人での利用となり道場利用料も利用者負担となります。先般設定しましたLINEグループなどを利用し会員同士、声がけしながら自主稽古を行なっていただければと思います。


以上よろしくお願いします。

吹上同好会 齋藤

吹上アップデート10/10

 本格的に秋になり、気温も涼しく稽古がしやすい季節になりました。

吹上同好会とお隣の熊谷同好会は今週、来週の週末が審査となりますので審査稽古が主な内容になっています。

今、審査を受けない人も次回、その後の審査を見据えて自分の技を磨いていただきたいと思います。私自身の実体験から言えることですが、稽古不足は自分ではうまく隠しているつもりでも他人が見れば一目瞭然です。また、稽古不足の状態で審査を受けることに全く意味はありませんのでライバルに先を越されようが、前回の審査からの時間が空いていようが関係ありません。恥ずかしく悔しい思いをするのは自分自身ですので、しっかり稽古して自信をつけて誰からも納得されるようになってから受けましょう。普段からの稽古をしっかりやって、直前の審査稽古でまとめ、固める。。。というような形が良いかもしれません。普段しっかりやってるから審査稽古はしなくていい、というのも良くないし、その逆はもっと悪い。バランスが大事ということです。

武器技クラスの次期コース受付中です。次回は杖をテーマで行います。どのような内容になるのか、非常に楽しみです。今はコロナの影響で在宅ワークなのですがコロナ以前は上野から神保町の職場まで徒歩で通うことが多く、途中秋葉原を通っていました。秋葉原では以前大きな通り魔による悲惨な事件がありました。今でも秋葉原の現場近くを通ると胸が痛みます。そこでやはり思うのはそのような輩が出現した時、どう身を守るのか?ということです。ダガーナイフをうまく捌いて小手返し?それもいいと思います。突進してくる相手に入り身突き?四方投げ?どんな技でもとっさに、しかも効果が高く決まればいいのですが、私自身は未熟ですから迷いや混乱が出ると思っています。どの技にするのか?右か左か?手順は?。。。ですから今のところ私は一つルールを決めていて、正面から来るのであればまず逃げてから、やむを得ない場合はコンビニとか店先にあるノボリを取ってその棒で対処しようと思っています。後ろから来た場合は今のところ諦めるしかないと思いますが。あってはなりませんが、そのようなケースにあってしまった場合、役立ちそうなのが杖だと思っています。そのため、次回の杖は楽しみでなりません。参加希望の方は今月24日の稽古時までに申し込みをお済ませください。

その11月のコース開設までは最後の一コマは自由時間です。審査稽古をやるもよし、剣のおさらいをするもよし、です。

昨日は自由技、多人数ドリをする方が多かったですね。

それだけではなくジム先生の引き出しにある面白い技、我々にとってはみたこともない技を稽古できました。合気道は審査項目の紙に印刷してある技が全てではありません。組み合わせや発想の転換、視点の変更でいろいろな技ができますし、紙に印刷した以外に今ではあまり教えない技も実はあるそうです。この時間はそのような技をやったり、考えたりできる貴重な時間ですので是非ご利用ください。帯の色は関係ありません。必要なのは自分のやる気と、実験台になる相手だけです。相手を見つけて積極的に参加してみてはいかがでしょうか?

それから、稽古時間は二コマ+武器の構成になりましたが、初級者や稽古が足りない方は少年部の時間に来てください。いまコロナの影響で少年部の休会が多いのでスペースに余裕があります。空きスペースは自由に使って構いませんのでどうぞご利用ください。

齋藤

 

2020年10月9日金曜日

Kazo 10/4

 ☆少年部

前半、基本の動きをひと通り稽古しました。

DSC_3494.JPG


前方回転受身、後方回転受身のあと、

単独でできても、相手から技をかけられた時に受身ができないといけないので、かかり稽古をしました。

DSC_3500.JPG

後半は分かれて審査稽古を行いました。


審査申込用紙は無事全員もらうことができました!!

審査まであとわずか、特にオレンジ帯組は技がたくさんですので、ラストスパート頑張りましょう。



☆一般部

前半は技1本、「片手持ち二ヶ条抑え(一)」

後半は分かれて審査稽古を行いました。