Saturday, June 24, 2017

さいたま 6月24日(土)

七十二候では、乃東枯(なつかれくさかるる)

蒸し暑い気候でしたが、運よく借りた部屋が涼しくなっていました。

そろそろ審査を受けられるか見極めを行う時期になってきました。
日頃の稽古に対する姿勢も含めて、審査を受けられる状況か判断されます。


少年部
  
  気候の変動が大きいためか体調不良で欠席のメンバーが多かったです。
  本日参加のメンバーは前回の反省も踏まえて、細かい手順も含めて見直しを行いました。
  特に「構え」。
  一番行う回数が多いですが、一番崩れやすくお座なりになりやすい動作です。
  実際、毎回稽古のたびに注意を受けることも多いです。
  幼年部メンバーにも考えながら稽古を行ってもらいました。
  大分カッコイイ構えになってきたと思います。
  次回の稽古の時にも、今日の課題を忘れないように稽古に励んで欲しいと思います。
  

一般 
  一般5級、有段組に分かれて全般審査稽古を行いました。
  
  片手持ち(一)(二)の動きは今後も各所で活きてきます。
  この機会にキッチリ身に付けましょう。
  まずは、動作を確実に行うこと。
  細かいテクニックを伝えたがる先輩もいますが、それが本当に必要かは自身で判断してください。
  (単なる「流行」の場合もあります。)
  大体、本当に必要であれば体に残ります。そんなもんです。
  理論より実践です。
  しゃべってないで、稽古しましょうね。

No comments:

Post a Comment