Monday, August 31, 2015

さいたま(8/30 日曜日)

記念総合体育館にていつもの時間でジム先生に稽古をつけていただきました。

先週は体育館の利用が出来ず2週間ぶりの稽古の為か、参加数も多く活気のある稽古となりました。



少年部は基本動作連続から入って、構え、正座法、膝行、前回り/受け身の流れ。
ジム先生も褒めていましたが、特に幼年部が良かった。合気道を始めてまだ数ヶ月、だんだん様になってきています。
マットを使った受け身の練習もだいぶスムーズになってきました。
少年有段を目標にしてくれるでしょうか?これからが楽しみです。


一般は斜行、膝行、受け身、臂力の養成(相対)から入って、マットを使って受け身の流れで。
単体での受け身は形になってきましたが、技に掛かってからの受け身はどうでしょう?
ということで、ジム先生に手を取られての受け身も練習してみましたが、急に体がこわばるようです。
余計な力を抜いて、受け身が取れるように稽古を重ねましょう。

技は胸持ち肘締め(二)、肩持ち側面入り身投げ(一)を行いました。
それぞれの習熟度に合わせて立ち技、座り技の稽古を行いました。
思わぬところから飛び出す当て身もあり、意図してか否か…。
油断しているとやられますので、緊張感を持って稽古に望みます。


稽古の終わりには審査合格者へ免状の授与を行いました。
幼年部の免状は始めて見ましたが、少年/一般と変わらず立派なものでした。今後の励みにしてください。

 




















来週は、養神館合気道龍北部同好会の合同審査会と特別講習会を実施します。
有段者審査も行われますので、見取り稽古としても良い機会となると思います。


No comments:

Post a Comment